Home > 学ラン Archive

学ラン Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

最大の危機

  • Posted by: gothicnight
  • 2010-11-29 Mon 11:49:32
  • 学ラン
今月分の昼食代、
残りは銅貨が一枚のみ。

…まあ何とかなるさ!


die副会長

耐え得ぬ苦しみ

  • Posted by: gothicnight
  • 2010-11-17 Wed 14:14:03
  • 学ラン
どうしてこうなった?
まるで内臓を引き裂かれるような
苦しみが続く。
いつまで耐えれば良いのか?
それすらも分からないまま
ただ痛みは増していく。

ああ、腹痛い。



by副会長

じっと手をみる

  • Posted by: gothicnight
  • 2010-11-13 Sat 22:52:55
  • 学ラン
ある部活の金銭事情。
「予算使い切れなくて
困ってるんだよね~。
でも使い切らないと
来年度予算減らされるから
適当に買っちゃうか」


…物理研には
予算など支給されません。


by副会長

絶望の先に在るものは

  • Posted by: gothicnight
  • 2010-11-08 Mon 23:15:20
  • 学ラン
ある中学校に
一人の少年が居ました。
彼の中では、
大切なものに
順番をつけては
いけないという信念と
親友を尊重するという精神が
大きく矛盾していました。
要するに彼は
命を救い救われた程の親友と、
ただのクラスメートでしかない
人間を
どうしても同じ友達として
扱う事ができなかったのです。
彼は考えた結果、
ならば友人は一人でいいと
結論を導きました。
あまりにも愚かで
短絡的な結論です。
しかし彼は
かつて神童と呼ばれ
甘やかされて育った故に
自分が正しいと思い込みました。

結果、学校の8割と敵対し
2割は仲間では無く中立。
そして、たった一人の親友も
失ってしまったのです。

待っていたのは
地獄のような日々でした。
気がつくと彼は
笑う事も
できなくなっていました。
そして彼は決意しました。
もう、友人は要らないと。
いずれ失う不確かなものなど
抱え込む必要は無いと。

ですが、高校に入り
彼は自分の過ちに
気がついたのです。
友人に順番をつける必要など
最初から無かったのだと。
一人一人が唯一無二の
大切な存在なのだと。

彼はやっと
自分の弱さを認め
ようやく地獄から
抜け出す事ができました。
そして彼は
大切な友人達と一緒に
「物理研究愛好会」という
組織を立ち上げ、
毎日心から笑える
幸せな日々を過ごして居ます。
どこか粗雑で不真面目で、
自分の事しか考えて居ない
人達に見えて、
でも実は優しい。
本当は温かい。
そんな集団に
あなたも入りませんか?



この物語はフィクションです。
この前見た夢をベースに
一部改変してお伝えしました。
これを読んだ誰かが
物理研に入りたいと
思ってくれれば幸いです。

by副会長

歪んだセカイ

  • Posted by: gothicnight
  • 2010-11-06 Sat 10:40:15
  • 学ラン
我が家の押し入れから
黒歴史が出土した。
小学校で使っていた
「クロッキーファイル」と
呼ばれるものだ。
表紙に私の名前が書いてある。
妙な好奇心から
中身を見ると、そこには…
人体の構造を超越した
次世代の人間が描かれていた。



by副会長

Index of all entries

Home > 学ラン Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
欲しいもの、買うもの

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。